脂肪吸引は、 危險ではありませんか?
スリムコレアグル-プにおいては、Tumescent溶液を脂肪層に注入する局所麻醉と睡眠麻醉を利用する脂肪吸引を行っています。麻醉劑を使いすぎる危險がなく、脂肪吸引の行ったお客樣の健康に害のないように適当量を使います。

また、ツ-ドクタ-脂肪吸引で手術時間を減らすので長時間の手術による副作用もあまりありません。 スリムコレアにおいては、人間の美しさよりお客樣の安全がもっと重要すると考えていますので安心してください。
 
手術中や手術後は、痛いですか?
手術中は、睡眠麻醉するので眠っている間にTumescent局所麻醉溶液を注入して十分に局所麻醉してから手術を行いのであまり不便ではありません。

Tumescent局所麻醉のみで手術を行いと麻醉溶液の注入時は不便になることもあり、全身麻醉で手術を行いと麻醉による危險が高いので考えられた麻醉法です。

手術してから約12時間はあまり痛みも感じられます。局所麻醉劑がなくなる12時間以後からすこしひりつくほどの不便さのみ感じられます。そのとき處方したTyrenolとか鎭痛劑を飮んでください。日が立つと不便さはあまり感じられません。
 
いつもの生活は、 いつから可能ですか?
Tumescent液が入れている局所麻醉劑は、手術後も脂肪の組織內に殘っているので手術の直後はあまり痛みは感じられません。それで、甚だしい肉体的活動ではないいつもの活動は可能です。そして、脂肪層に殘っている溶液があるほど排液する24時間後は職場で勤ることができます。

手術直後はベッドで休みます。安定すると輕く步くことができます。手術後の次の日は運轉やゆっくり步くほどの活動をすることができます。手術してから3-4日が経つと輕い運動をすることができ、ジョギングやテニスなどの甚だしい運動は2-3週間経ってから可能になります。

すこしずつ運動の强度を增えていきます。手術の狀態によって異なりますが、たいてい1-3日後は職場で勤てもかまいません。手術後3日目からシャワ-を浴びることができ、錢湯や水泳は手術部位の傷が完全に癒える3週間-4週間後からしてください。いつもの活動と運動は手術後1ヶ月から可能です。 しかし、脂肪吸引の完全な回復は、5ヶ月から6ヶ月後までは脂肪組織は正常になりません。
 
手術後は、皮膚がデコボコになりませんか? 
Tumescent方式の脂肪吸引を行うと、手術直後の体の矯正効果を確認できます。しかし、何日経つと脂肪層が固くなり、ある部位はデコボコになります。
これは脂肪層が落ち着く正常的な過程で、2~3ヶ月経つと元のように柔らかくなります。スリムコリアにおいては、二人の医者がいっしょにマイクロカヌラという微細な管を使って人の手で施術するツ-ドクタ-脂肪吸引を行いので皮膚が元のように自然になります。

しかし、もし手術後に皮膚がデコボコになっている部分があり、不滿足であると相談してから手術5ヶ月後から簡單な施術で矯正可能ので心配しないでください。
 
手術してから体重感量はどのほどですか?  
脂肪吸引手術は、体重の感量にその目的があるのではなく体型を矯正する施術ですが、あるほどの体重感量効果はあります。しかし、施術直後は、注入するTumescent麻醉溶液と浮腫によってかえって体重は增えます。浮腫が完全にひく2-4週間後は、除去された脂肪の量の1/2から2/3ほど体重が感量することが確認できます。
 
手術後リバウンドしませんか?  
脂肪吸引は、 厚い脂肪層を除去する手術であるのでその部位はリハウンドしません。しかし、脂肪吸引後に体重を管理しないと、殘っている脂肪層がリバウンドすることがあります。体重管理に注意すると脂肪吸引部位の脂肪層のみ太って手術していない部位のようになる現象はありませんから脂肪吸引手術後はリバウンドしないと言えます。したがって、手術効果が長引くように特別に体重調節に氣にしてください。
 
一日の脂肪吸引量は?
お客樣の体重や体型によって異なりますが、一般に3000~4000mlが安全な脂肪吸引の上限線であると見ています。この量は、ふつう体重60~70Kgの女性を基準して腹部と脇を同時に施術、內腿を手術する量です。スリムコリアにおいては、ツ-ドクタ-システムで施術するのでこの量の脂肪吸引には約1時間くらいかかります。

また、メガ大容量の脂肪吸引という純粹脂肪量7000cc以上の脂肪吸引も1時間30分から2時間30分で終ります。一般的な方法の脂肪吸引より施術時間が短いので安全に手術することができます。しかし、メガ大容量の脂肪吸引は、まだ合倂症の發生頻度が高いと見ているので細心な注意とアフタ-ケア-が必要します。スリムコリアは、メガ大容量の脂肪吸引についてのノ-ハウをもっています。
 
手術時間は? 
一般にTumescent方式や全身麻醉の脂肪吸引手術は、2時間~3時間かかり、マイクロ吸引管を使う手術は同じ部位の手術に3~4時間かかります。 スリムコレアグル-プにおいては、ツ-ドクタ-システム(熟練された二人の医者による手術)を適用するツ-ドクタ-脂肪吸引でどの部位であっも40分 ~ 1時間30分で終ります。また、短い手術中も睡眠麻醉による不便を最小限にしています。
 
他の脂肪吸引との差は何ですか?
最近、雜誌や新聞、インタ-ネットを通じてレ-ザ-脂肪吸引、ウォタ-ジット脂肪吸引、超音波脂肪吸引等の樣々な脂肪吸引方法が紹介されています。
これらの手術方法は、たいてい脂肪吸引を行うとき使われる裝備の名称です。これらの裝備の共通点は、どのように脂肪を引くのかにそのピントを合わせています。しかし、脂肪吸引手術後の滿足度には、殘られている脂肪の量と分布によって決まるのでそのような裝備を使うといって手術結果がよいとは言えません。手術の結果は、結局手術者の'マインドと経驗'とがもっとも重要であると言えます。
 
手術後は、傷跡がありますか?
脂肪吸引手術によってできる傷跡はふつう2~4個くらいで、たいへん小さくて目立たない位置にあります。パンティや皮膚のシワ、旣存の傷跡等の水泳服を着てもよく見えない部位の位置にできます。体質によっては、皮膚のト-ンが暗い人はすこし濃く殘ることもありますが、年月が経つと目立たなくなります。

スリムコレアグル-プにおいては、韓國の女性たちは特に傷跡に敏感であることをよく知っています。切開創を最少にし、刺激を最少化して手術の傷跡が見えないように努力しています。もし、切開創が甚だしく変色すると美白クリ-ムを使ったり手術的用法で傷跡除去術を行ったりすることも可能になりますからあまり心配しないでください。
 
夏季に手術するより冬季に手術するのがもっとよいですか?

一般に形成手術は、創傷感染の予防に役に立つので夏季より冬季にするのがよいと思う傾向があります。しかし、脂肪吸引は手術後の傷の部位がたいへん小さく注入するTumescent麻醉溶液の細菌抑制効果によってあまり感染症がないので問題はありません。

ただし、手術後の何日間は外出するとき手術した部位の露出が氣になります。したがって、夏季、冬季を分けるより季節に關係なくお客樣の便利な時期に手術するのが一番望ましいです。

 
二人の手術者が必要な理由は?
脂肪吸引は、 手術者の立場で見ると体力的に苦しい手術であります。手術時間が長引くほど疲勞と同時に集中力も落ち、それが手術結果に反映されることが多いです。 スリムコレアグル-プにおいては、二人の医者によるツ-ドクタ-脂肪吸引手術するので手術時間や体力適な負担を減らしてます。それで、手術結果を保証します。また、二人の医者がハモるのでもっと優れた美的感覺が可能になり、デコボコではない自然なラインが得られます。

アンバランスになるのではないかと心配するかも知れませんが、二人の医者がお互いに姿勢と位置を換えながらカヌラを交わりながら脂肪吸引を行いのでもっと自然なラインが得られます。

もっと重要なことは、ツ-ドクタ-脂肪吸引は速い時間に手術が行われるので多量の睡眠麻醉劑を使いません。それで、安全でお客樣の回復期間も短縮される長所をもっています。
 
睡眠麻醉は、危險ではありませんか?
局所麻醉は安全ですが、手術する間は覺めているということが負担になりますか。そして、全身麻醉は、 麻醉副作用の危險と靜脈血栓症というぜんぜん治療の不可能な合倂症が發する恐れがあるので安全が一番重要な美容手術にはあまり適していません。
スリムコレアグル-プにおいては、手術する間眠る睡眠麻醉を行いますが、この麻醉法は局所麻醉のみで手術時の不便さや不安感がなく手術時の痛みもぜんぜん感じられないです。睡眠麻醉はぜんぜん危險ではありません。そして、ツ-ドクタ-脂肪吸引と同樣に二人の医者が施術して短時間に手術がおわるので投与する藥物の量が少ないので安心で樂に手術することができます。
閲覧数 :
3164
登録日 :
2008.08.19
12:09:48 (*.190.141.156)
トラックバック :
http://jp.slimkorea.net/96/0ef/trackback
書き込みURL :
http://jp.slimkorea.net/96
  • 수술소개
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_2.gif
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_3.gif
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_4.gif
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_5.gif