現代の脂肪吸引の特徴は、Tumescent脂肪吸引 であり、また3mm以下の小さい管を使います。
今まで一番広く使われて安全性が確立されている脂肪吸引方法はTumescent脂肪吸引です。Tumescent脂肪吸引は、 1987年アメリカの皮膚科医者であるクレ-ン博士によって開発された方法で、局所麻酔剤であるリドカインと血管収縮剤であるEpinephrineを混ぜたTumescent液を注入してから脂肪吸引を行う方式です。
 
Tumescent方式の長所は、
あまり出血がなく、手術後も局所麻酔剤が脂肪層に残っているので手術後の痛みがあまり感じられません。また患者が覚めている状態で手術するので、麻酔と関連している合併症であり、脂肪吸引時一番危険な合併症である血栓症の危険が全然ありません。希望する姿勢が容易に得られるので手術しやすく、腹膜を穿孔する危険を避けることができます。また、リドカインの許容容量が決めているので、あまり多量の脂肪吸引ができないので、過度の手術時発生しやすい過度の血栓症の危険を防止します。 また、局所麻酔剤であるリドカインの抗バクテリア性によって手術の感染危険性を減らします。多量の水液を脂肪層に注入するので、脂肪組織がふくれ、やわらかくなり、小さい吸引管を使用可能になり、自然な結果が得られます。

しかし、Tumescent脂肪吸引の短所は、 手術時間が長引き、Tumescent液を注入し始めるときの痛みと脂肪吸引が終わるとき感じられる痛みです。したがって、手術者の疲労度が高くなり、また患者の痛みによって不忠分に脂肪吸引が終わるときもあるという点です。

それで、手術者の疲労度と手術の速度を上げるための方法として、一番目は、振動脂肪吸引器(PAL)、超音波脂肪吸引器(UAL)、レ-ザ-脂肪吸引器(LAL)、ウォ-タ-ジェット脂肪吸引器(PWAL) 等の脂肪吸引機械が開発され脂肪吸引に使われています。 

しかし、考えなければならない事項は、それらの方式は、 いまだ安全性と効果が確立されていなく手術結果がもっとよいという報告も出ていない実情です。
たとえば、現在はなくなった超音波方式の脂肪吸引は、過去1990年代の始めの超音波方式の脂肪吸引が紹介されたから次第に2000年度には内部超音波で脂肪をエマルジョン化と同時に吸引する方式の器機がアメリカで作られて使われ、2001年度には3世代の超音波方式であるVASER方式が開発され現在、皮膚の収縮(contraction)が必要な部位、すなわち、乳房やアゴ等の脂肪吸引時使われています。 このような内部超音波方式の脂肪吸引は、 Cannulaに装着している金属で直接超音波を脂肪組織内を照射する方式で、創始期のヨ-ロッパではたいへん画期的な方法として認識さられたが、皮膚壊死などの深刻な合併症の発生によって放棄した方式です。 しかし、Internal UALは、ある客観的なデ-タもなく既存の手術法よりもっと優れていなく、ヨ-ロッパでもあまり使われなかったという結果があったにもかかわらずアメリカではたいへん人気がありました。このような現象の理由について、クレ-ンは、次のように説明しています。
1. Consumers believe that "high-tech "is synonymous with high quality. 2. News media were eager to showcase UAL because of the widespread interest in liposuction 3. Many surgion purchased UAL devices bacause UAL was "cutting -edge" cosmetic surgical technology and might attract new patients (customers) in a competitive marketplace.

すなわち、 " 専門的な知識のない消費者と新しいイシュ-のみ追うマスコミ、そして激しい競争の開業現場において患者の誘致の方便として高価の装備を無分別に臨床導入している誤りの一つの事例を見せています。

"二番目は、静脈血栓症の危険性を甘受しながらも患者の痛みを減らすために睡眠麻酔剤や全身麻酔剤を使っています。全身麻酔や睡眠麻酔時は、腹膜穿孔の診断が遅くなるので危険を致すこともあり、静脈内の水液の過多な供給によって肺浮腫( pulmonary edema)、肺血栓症(pulmonary thrombosis)の危険性があります。また、1時間以下の麻酔時は1:155、3時間以上時は1:35の手術危険度(Perioperative morbidity risk)で、睡眠麻酔や全身麻酔の時間が長引くほど危険性は高まり、また過多な手術量を許容して血栓症の危険性が高まると知られています。

したがって、一般に使われている睡眠麻酔を使うときは、意識状態を徹底にモニタ-リングし、静脈水液を管理して麻酔時間を最小限にして手術することのみ合併症を予防できます。
 
 
スリムコリアにおいての脂肪吸引は、
脂肪吸引の体系的な研究に基づいて脂肪吸引の原則を遵守し、手術方法の標準化と手術後の体系的なアフタ-ケアで脂肪吸引の相談から回復まで全過程を責任する脂肪吸引専門ネットワ-クで、

01. 速いです。(speed)
02. 安全です。(safe)
03. 痛くないです。(sweet)
04. ラインが自然です。(smooth line)
 

1. Tumescent方式を使います。Tumescent脂肪吸引の長所を十分生かしてマイクロカメラを使って指先の感覚で精密に手術するので自然なラインが可能になり、手術後の痛みもあまりありません。 

2. スリムコリアにおいては、手術者の疲労度を減らし、十分に脂肪吸引が可能な方法としてツ-ドクタ-システム(Two  DoctorSystem)を運営しています。 手術速度は2倍以上にもアップし、手術者の疲労度を半分に減らします。したがって、手術者の疲労度による手術の不忠分の可能性がなくなり、手術者が十分満足できる水準まで脂肪吸引できるので手術結果もたいへんよいです。

 3. 現在まで純粋脂肪量5000ml以上の吸引は、 合併症の危険と医者の体力的な限界もあって手術することはたいへん危険でした。しかし、スリムコリアにおいてのツ-ドクタ-脂肪吸引は短い時間に大容量の脂肪吸引が可能になるので、合併症の危険を減らし、安全で完全に大容量の脂肪吸引が可能になります。

4 睡眠麻酔( conscious sedation)は、MAC(moniterd anesthesia care)という方式で、患者の気道を維持しながら自己保護的な気道反射(protective airway reflexes)を維持する状態で音や物理的な刺激に適当な方式で反応する最小限に抑圧された意識を維持する方法です。したがって、患者の痛みを減らすと同時に協調的な忘却をつくり、腹部の場合は、緊張性が維持され手術時の腹膜 穿孔の危険性を減らし、 痛みの恐れで手術をためらう可能性を予防します。

また、スリムコリアにおいては、最大限に合併症を減らすためにツ-ドクタ-システムで施術するので手術時間は画期的に減らします。したがって、長時間にわたる睡眠麻酔時発生する合併症の危険性もあまりありません。スリムコ アにおいては、睡眠麻酔(conscious sedation)方式で施術しますが、もし睡眠麻酔が不可能と判断されるとTumescent局所麻酔で脂肪吸引を行うこともあります。


5.  いままで手術後の管理によって手術の結果が好転したという報告はないが、スリムコレアにおいては、 原則に基づいて体系的にアフタ-ケアをしているし、手術後の固まりの現象とリンプ浮腫を早期に解決するために高周波治療及びマッサ-ジ管理を行っています。

 
閲覧数 :
20294
登録日 :
2008.08.19
12:07:55 (*.214.228.86)
トラックバック :
http://jp.slimkorea.net/89/68c/trackback
書き込みURL :
http://jp.slimkorea.net/89
  • 수술소개
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_2.gif
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_3.gif
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_4.gif
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_5.gif