腹部は、 男女ともに一番多く脂肪吸引をする部位で、解剖学的構造、美容学的構造、そして手術前後の患者の満足度を考えるとき脂肪吸引は一度してみてもよい一番アトラクティブな部位です。

腹部は、 広くて水平なところが多いので、いちいち均一に脂肪吸引しなければなりません。また、皮下脂肪は、すこし残すとすんなりしたラインが得られます。

腹部脂肪については、 上腹部は3つの層、下腹部は4つの層になっています。上腹部は脂肪の繊維化が下腹部より甚だしいので吸引管を接近し難く、痛みについての反応も敏感な部位です。 したがって、細い吸引管を使って全体的にいちいち均一に施術しなければなりません。 下腹部は深い層と表皮層をいちいち吸引しなければよい結果が得られません。また、下腹部はどのほど皮膚が垂れていても手術してから収縮するので皮膚を切除の必要が全然ありません。上腹部は収縮があまりよくない部位で、手術しても垂れる恐れのある部位です。

腹部がボ-ルのように膨らんでいる肥満患者は、主に伝統的に脂肪の切除を含んだ腹部の形成施術をしてきたが、最近は、妊娠線が目立たない人や皮膚及び脂肪の弛緩が甚だしくない場合は、脂肪吸引のみでよい結果が得られます。

多くの場合、脇(ロブヘンドル)もいっしょに施術するともっとスリムラインが得られます。

腕は、脂肪吸引手術によって一番よい効果と満足感を得られる部位です。 腕の部位の脂肪は運動してもあまり減らないので多量の脂肪吸引を行います。多くの女性は男性のような筋肉質の腕は希望していません。袖無の服を着るとき、より楽で腕を下の方に自然に下げたとき腕がもっと細く見えるようにするのが腕の脂肪吸引の狙いです。

太い腕によって体はもっと太っているように見えますが、細い腕は、体がもっと痩せているような感じを与えます。腕の脂肪吸引は、いつもドラマチックでりっばな結果を提供します。甚だしくは、皮膚がだらっと垂れている腕も簡単な脂肪吸引のみでなくすことができます。絶対に過渡な脂肪吸引をしてはいけません。脂肪を最大限多量を吸引するのではなく美容的な姿を向上することです。

腕の脂肪吸引の基本原則は、 腕の脂肪が下に垂れないようにすることです。それで、大部分の腕の脂肪吸引においては、 腕の回りを円筒の模様と考えるとき75%(270度)の脂肪を除去します。腕の裏の一部は、 あまり脂肪層がないので吸引しなく、高度肥満の女性において美容的な効果があると認められるときのみ制限的に吸引します。脇のよく見えない部位を切開し、腕の周りの脇の前側と背中側もいっしょに脂肪吸引を行います。

内腿は、他の部位に比べ運動や食餌療法、タイエット等によってサイズやその模様が目立たなく、あまり改選がみえなく、体の他の部位が痩せるときも最後まで脂肪が残っている部位です。太っている内腿によってときとき上半身と下半身のサイズが異なる服を着なければならないこともありましょう。

このような人において、 脂肪吸引は魅力ですんなりしているし下半身ラインが可能な方法です。内腿は、 円筒型の構造になっているので美的な感覚で全体をいちいち均一に脂肪を除去しなければよい結果を得ることができなく、他の部位との調和をなすことができません。

内腿の外側部位については、 ふつう隣接しているヒップの下部分とヒップとを同時に矯正しなければ満足できる結果を得られません。内腿の内側は、 一番いちいち手術し難い部位です。 内腿の內側の上部の繊維組織は、 少なくてやわらかいゼリ-のような性質になっているので吸引時やすくて速く吸引されます。結果的に過渡な量の脂肪が吸引され自然にならない可能性があります。

したがって、Tumescent麻酔と細い吸引管を使わないと自然な手術結果が得られません。内腿の皮下脂肪は、均質な性向をもち、繊維質の抵抗があまりないのでばやすく通過します。したがって、過渡に吸引しなく自然なラインを得るのが重要です。内腿の全脂肪を一度に多量を吸引するのは、何回に分けて施術するより合併症の発生の可能性は高いが、Tumescent方式の適用と適当量を吸引すると危険度は低くなります。

若い女性はのヒップはド-ムのようにきれいに突出しています。そこに脂肪が蓄積するとヒップが大きくなりデコボコになります。それに年をとりながらヒップの下側が大きくなり、ヒップを支持してくれる靭帯も垂れるので自然にヒップも垂れてしまいます。ヒップは、大きさと かさを減らすのが脂肪吸引の狙いであり、自然に両方の差がないように注意しなければなりません。

腰の下の部位に脂肪が蓄積している人は、たいていヒップと内腿とが連続していて境界が不明確になっているので内腿と同時に脂肪を吸引しなければなりません。脂肪吸引によってヒップがリフティングされたりアップされたりしません。しかし、ヒップの下の部分の脂肪を除去して軽くし、横と後ろの内腿の脂肪を吸引してヒップの下の部位のシワを短くしヒップの上の部分に脂肪移植を並行すると内腿が長く見え、ヒップがアップしているように見えます。(ヒップアップ効果)

ふくら脛のアンバランスで醜い脂肪の分布は予め遺伝的に決まれいるのてせ、運動やダイエサトでは解決できません。

ふくら脛は、 脂肪吸引し難い部位です。 その理由は脂肪層が一層になっていて微細な手術が必要します。シルエットが決定されるのは、ふくら脛と足首の筋肉であるので写真でみても相対的に大きい好転が見える部位ではありません。たいてい突出が目立てる部分もあまりなく、ふくら脛は曲線をなしているので吸引し難いです。切開部位がよく露出され、浮腫も長い期間続く、回復も遅く、手術についての期待が大きいという点で一番施術し難い部位と言われています。

しかし、ふくら脛の筋肉の発達状態と脂肪層の太さを性格に把握し、細い吸引管を使って精密に施術すると満足できる結果が得られます。あまり過渡な吸引はふくら脛の筋肉の形態が目立つので男性の筋肉型のふくら脛になることもあります。

年をとるとアゴに脂肪が蓄積され、皮膚の弾力のなくなり二重アゴになります。アゴの脂肪除去は、 Tumescent脂肪吸引が一番よい方法です。 特に、顔面輪郭術などの手術的療法による長い回復期間、傷跡発生、副作用を希望しない人に効果があります。


顔面輪郭術よりアゴのTumescent脂肪吸引が好まれる理由は、 微細脂肪吸引は傷跡の危険性が低く、全身麻酔の危険性もなく、回復が速く、手術していないように自然に見えるからです。 脂肪吸引時は、アゴの下や耳の下を切開するので目立たなく、細い吸引管使って自然になります。

以前はアゴの部位の皮膚が甚だしく垂れているとき施術したが、このごろは脂肪吸引後の垂れている皮膚の収縮を促進するために第3世代超音波方式(VASER)の脂肪吸引を行ったり脂肪層内に直接Nd-YAGレ-ザ-(スマトリポ)照射してから脂肪吸引を行います。

乳房があまり大きくてかえって不便を感じる女性も多いです。乳房の重さによって痛みを感じ、活動が制限され、精神的なストレスもたいへんです。また、乳房の重さによって姿勢が変わり、首、肩、背中等に慢性退行性変化による痛みも生じます。ブラジャ-とバンドによる跡や皮膚病が発し、高い服を着てもあまり着こなしが美しくありません。

そのような不便をなくすための選択としての脂肪吸引は一番効果があります。 女性の乳房の脂肪吸引は、部分麻酔を行って特殊の細い管(直径2mm)を使って乳房の大きさを減らすので傷跡が残りません。

たいへん効果のある方法で、手術後の痛みもぜんぜんなく回復も速いのですぐいつもの生活が可能になります。 乳房から30~50%の脂肪を除去する方法は、手術後の後遺症がなく2~3日経つといつもの生活ができます。


一般に行われる巨大乳房の縮小形成手術は、全身麻酔して長時間の手術、手術後の痛み、手術の傷跡、そして長い回復期間などが問題でしたが、乳房の脂肪吸引は、除去した脂肪量ほど乳房が小さくなり乳房の形態を整え、靭帯の機能が効果的に回復されます。それで乳房がアップされるとともに乳首と下の乳房ラインもアップするメリットがあります。しかし、脂肪吸引による乳房縮小手術は、50%以上減らさなさなければならない招巨大乳房やだらりと垂れ下がった乳房の矯正には適していません。

 


 

 

閲覧数 :
4047
登録日 :
2008.08.19
12:08:44 (*.149.71.217)
トラックバック :
http://jp.slimkorea.net/92/d28/trackback
書き込みURL :
http://jp.slimkorea.net/92
  • 수술소개
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_2.gif
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_3.gif
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_4.gif
  • http://jp.slimkorea.net/images/2_5.gif